モンテカルロ法のメリットについて

マネーシステムとして有名なモンテカルロ法。
ギャンブルを取り組むうえで、モンテカルロ法のメリットを知ることは重要です。
その大きなメリットして挙げられているのは、少ない資金でシステムベットできる点です。

例えば、マネーシステムとして代表的とされているマーチンゲール法では、負けが続いてしまいますと、高額な賭け金が必要となってしまいます。
その点、モンテカルロ法ならば負けが続いたとしても、極端に賭け金が上昇してしまうことはありません。
もちろん、どのようなマネーシステムを用いたとしましても、負けが続いてしまえば資金が目減りしてしまうのはやむを得ないことでしょう。
しかし、やみくもに直感だけでベットを続けたのでは、相当なラッキーが無い限り破たんしてしまう可能性が非常に高いのです。

闇雲な賭け方は破綻を招く

ここで、小耳情報を少し。
なぜモンテカルロと名付けられているのでしょうか?
答えとしましては、その昔モナコ公国におけるモンテカルロのカジノを潰してしまった攻略法だったから、とされています。
おそらく逸話だと思われるのですが、ツボにはまれば低いリスクで驚愕の結果を残すことができる証であると言えます。
また、何よりもギャンブル初心者はこのようなマネーシステムを習得することが重要です。
仕組みを理解すれば、自分にフィットした形へ応用することで、最強の攻略法を編み出すことも可能ですよ。

それでは、モンテカルロ法の内容について説明していきましょう。
正確に実行するためにはメモとペンが必要になります。
事前に準備しておいてください。
それから基本的には元手を含めて3倍配当のゲームを選びましょう。
具体的にはルーレットなどのダズンやカラムが該当します。
2倍配当のゲームへ応用させることが可能とはなるのですが、1セットで確実にプラスをだすためには3倍以上が適当です。

まず1回目の賭け金について。
ペンで「1・2・3」とメモしてください。
基本はここから始めることになります。
左端と右端の数字を足して賭け金を導くのですが、この場合では「1」と「3」になりますから、4ドルが導き出されますね。
ギャンブルは勝てば問題ないのですが、負け続けたときにどのようなベットが必要となるのでしょうか?
マネーシステムは迷えるギャンブラーの救世主。
モンテカルロ法における連敗時の賭け方を解説します。

筆記具必須の攻略法

2回目の勝負では、数列「1・2・3」に直前の賭け金「4」を加えます。
出来上がった数列は「1・2・3・4」。
導き出す数字は、左右の数字合計。
「1」 プラス「4」で5ドルとなりますね。
2回目も負けた場合、3回目の勝負も同様のシステムで賭けていきます。
数列が「1・2・3・4・5」となり、「1」プラス「5」で6ドルを賭けましょう。
このまま連敗が続いて、6連敗してしまったとしましょう。
直前の数列は「1・2・3・4・5・6・7・8」。
直前に賭けていた金額は9ドル。
7回目に賭けるべき金額はいくらでしょう?
数列を「1・2・3・4・5・6・7・8・9」として、「1」プラス「9」で10ドルとなります。
勝った場合には左右二つずつ数字を消し込むのがルール。
数列は「3・4・5・6・7」が残りますね。
次は両端の数字をプラスして10ドルをベット。
これを繰り返して、数字が一つもしくは無くなれば1セット終了です。

しっかりと身に着けて実戦に活かすようにしましょう!