マーチンゲール法による必勝法

マーチンゲール法はシステムベットとしてあまりにも有名。
多くのベテランギャンブラーが活用しており、さまざまなゲームで応用されています。
ギャンブルを楽しむための必勝法を考えていく第一歩として、まずはマーチンゲール法の概要に触れておきましょう。

まず、この名称における由来についてなのですが、これは南フランスのマーティギュー地方出身者が好んで利用していたことが起源とされています。

もちろん、システムベットを意識しなくても、誰もが負けた場合には取り戻そうとした賭け方をするでしょう?
マーチンゲール法は究極の取り戻し方かも知れません。
具体的な方法としましては、負けたら倍額を賭け続けるだけ。
勝つまでやめないのが特徴です。

勝つまで辞めないマーチンゲール法

また、基本的にはテーブルゲームに有効であり、50パーセントの勝率で1倍配当となるものが適しています。
厳密にはハウスエッジが存在していますから、完全に50パーセント勝てるということはないのですが、ルーレットの赤黒などが該当すると考えてよいでしょう。
そして1回目の勝負には、最小の賭け金をベット。
まず1ドルを賭けてください。
勝てばOK。
負けた場合には倍額の2ドルをベット。
2回目も負けたならば倍額の4ドルをベット。
さらに負ければ、倍額の8ドルをベットしてください。
続けて負けたとしても、勝てばすぐにプラスとなりますから、究極の必勝法と考えてよいのではないでしょうか。

「これなら、絶対に勝てますね!」
こう思うかも知れません。
でも待ってください。
ギャンブルはそんなに甘くないのです。

残念ながら、必勝法と思われるマーチンゲール法にも弱点が存在します。
それは、連敗が続いてしまいますと軍資金が底を尽いてしまう可能性があるのです。
ギャンブルは軍資金が底を尽いた時点でゲームオーバー。
常に自己資金をしっかりとマネージメントしなければなりません。
「たっぷりと資金を用意しているから、そのような心配は必要ないよ」。
このような声が寄せられています。

しかし10連敗以上を喫してしまいますと、急激に必要とされる金額が増加していきます。
例えば10連敗した時点で1023ドルの損失。
11回目を賭けようとするならば、さらに1024ドルが必要。

連敗するとベット額が暴騰

しかも、万一11回目を負けてしまいますと、2047ドルの損失
12回目のためには2048ドルを用意しなければなりません。
ここで勝利を収めても、差し引きしたプラスはたった1ドルなのです。
またカジノゲームにはつきものとなるベットリミットの問題。
基本的にはMAXベットが設定されており、いくらでも賭けることができるわけではありません。
やはり、マーチンゲール法を必勝法とするためには、連敗に対する自分なりのルールを設定しておく必要があるのです。

システムベットを使いこなすことができれば、カジノマスターへ近づいたといえるのではないでしょうか。