オンラインカジノの構成と勝ちやすさについて

オンラインカジノとは?

オンラインカジノというギャンブルはとても特殊な存在です。
その理由として、オンラインカジノは日本の公営ギャンブルとは違います。
オンラインカジノは、海外の業者によって運営されており、海外で主に展開されているものです。

登場した当初は、日本人はターゲット層ではありませんでした。
従って、英語でしかプレイをすることができず不便な面もありました。
しかし、今はオンラインカジノにも日本語対応カジノが増えてきており、日本人が遊びやすく進化しています。

また、インターネットが普及するとともにノーダウンロードタイプのオンラインカジノが増えたりと、快適性等が進化しより気軽にプレイができるようになりました。
そういった事情もあり、日本でも紹介されるようになりつつあります。

その他オンラインカジノの特殊性として、24時間いつでも営業されており、好きなときに遊べるという特徴があります。
オンラインカジノの場合、このように、いつでもアクセスしてお金を賭けて楽しめます。
当然ながら、勝てば一攫千金も夢ではないですし、実際に一千万円以上を稼ぐプレイヤーも存在します。

オンラインカジノの仕組み

オンラインカジノは、どのような仕組みになっているのか知らないという方も多いでしょう。
オンラインカジノは海外の業者が運営をしていますが、プログラムを運営しているだけであり、ゲームのソフトウェアに関しては外部のソフトウェア会社と契約を結んで上で採用しています。
そして、決済に関しても、運営会社が行うわけではなく、決済会社の存在があり、そちらで決済の管理などを行っています。
このように、オンラインカジノは、いくつもの構成でできており、どれかが欠けていても成り立たない存在です。

このため、オンラインカジノを選ぶ際には運営会社の財務状況や安全性、そしてオンラインカジノとしての知名度やライセンスも判断基準ですが、ソフトウェアはどれを採用されているかなどもチェックしましょう。
たとえば、オンラインカジノの多くに採用されているプレイテックやマイクロゲーミング、ネットエントなどの大手のソフトウェアは、乱数発生プログラムなどによって、公平性が確立されていて、安全性が非常に高いです。
決済会社については、オンラインカジノの場合、エコペイズといった入出金手段が一般的です。
こういった電子決済サービスがありますが、ヨーロッパなどでも多くの方が利用する決済サービスであり、その基準もしっかりとしていて信頼性が高いサービスですので、利用をしても問題はありません。

オンラインカジノを選ぶ際には、これらの要素をチェックするようにしましょう。

オンラインカジノのペイアウト率とは?

オンラインカジノのペイアウト率は、97%以上ととても高いことでも知られています。
他のギャンブルの場合、たとえば競馬やパチンコは80~85%以上ですので、オンラインカジノの方がペイアウトでは勝っています。
また、宝くじについては、45~50%ととても低い確率です。

オンラインカジノには多くのカジノがありますが、どのオンラインカジノでもこのペイアウト率を保っています。
オンラインカジノは店舗を持たないギャンブルですので、人件費もかからなければ、建物などの設備費用も最小限ですみます。
そういった理由によってこのペイアウト率の高さを維持し続けているのです。

オンラインカジノの勝ちやすさについてですが、このように他のギャンブルと比較すると非常に高いことがわかります。
しかし、オンラインカジノはあくまでもギャンブルであること、運営側はボランティアでやっているというわけではなく、長い目で見れば、プレイヤー側が必ず少し損をしてしまうことになっていますので、注意をしましょう。

オンラインカジノの合法性・違法性の問題

オンラインカジノが合法なのか違法なのかは気になるところで、実際のところこれは今も正解はないと考えられています。
オンラインカジノは、法律的にもグレーゾーンで、合法でもなく、違法でもないというのが現状です。

これには理由がいくつかあります。

オンラインカジノは、法律で認められていませんので、「合法」とは言い難い状態です。
しかし、だからといって違法とも言えない状態なのです。
それは、法律で具体的に禁止されているというわけではなく法律にオンラインカジノを禁止する旨の法律がなく、明記すらされていないからです。

法律できちんと禁止されていれば明確に違法ということになるのですが、法律にそもそも明記されていないので判断の仕様がありません。
検察側もこれを取り締まったところで、法律がないので、裁くことができないということになります。

また、オンラインカジノは海外で運営されているので、日本の法律の範囲で裁くことができず証拠も集めにくいという事情があり、今まで有罪になった例は一つもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です